北海道の「和紙の里」

幌加内(ほろかない)町のユニークな和紙「笹紙」

sasa-kami

幌加内町ほろかないは、そばの作付け面積、生産量、ともに日本一、7月中旬から8月中旬にかけて、美しい花が一面を白く染めます。

幌加内のそばの花


そばの町として知られている幌加内町ほろかないですが、たくさんの千島笹(根曲竹)が自生していて、これで何か特産品はできないかと昭和62年より幌加内町ほろかない役場が笹紙き始めました。

身体に良いということが知られていた笹のパウダーを練り込んだうどんそばが作られ、それに合わせて紙も誕生したそうです。
茎の部分を使い「溜め漉き」という技法でつくられています。
町の小、中、高では卒業証書に使われているそうです。

とても珍しい和紙ですね。生産量が少ないようなので、手に入れたい方は問い合わせてみては。

音別(おんべつ)町のフキを使った「富貴紙(ふきがみ)」

fuki-kami

かつて炭鉱で栄えた音別町ふき特産物で、郷土芸能「♪ふきまつり音頭」という楽曲があるほどふきにちなんだ土地柄です。
YOUTUBEで聴くことができます。

蕗まつり音頭(北見・小宮盤,千人踊り,北海道釧路市(旧音別町))

音別のふきは人の背丈を超える程までに大きくなりますが、その皮の部分に良質なパルプが含まれていることが判明、ふきを漉き上げました。
町おこしもかねて富貴紙ふきがみと名付け文具店、雑貨店などで販売を始めたそうです。地元、音別小・中学校の卒業証書にも使われています。

詳しく知りたい方はこちらへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました